ビジネスシーンで気をつけたい女性のファッション


スカートは膝よりも長めに

ビジネスシーンでの女性のファッションの鉄則は、とにかく露出を控えることです。特に、気をつけたいのがスカートの長さです。慣れてくるとついついスカートの丈が短くなってしまう、なんてこともありますが、ビジネスシーンではNGなので要注意。では、ビジネスシーンではどれくらいのスカートの長さが好ましいかというと、膝よりも長めを心がけることです。営業職の女性は外回りも多いため、スカートの丈には殊の外気をつけています。

肌の露出を控えること

肌の露出はビジネスシーンではNGなので、特に薄着になる夏場は注意をしなければなりません。けれども、夏になると薄着になるので、ついうっかり肌の露出が増えてしまう事も考えられます。そんなときのために、薄手のカーディガンを1枚持ち歩くと便利です。カーディガンを羽織ってしまえば、ノースリーブでも肌の露出を控えることができるので、持っていて損はありません。それに、夏場はオフィスのクーラーが効いているので、クーラー対策にもなって一石二鳥です。

洋服の色はベーシックカラーで控えめに

ビジネスシーンでは、極力ベーシックカラーの生地の洋服を身につけるように心がけることです。ベーシックカラーというのは、ベージュや紺色、それにブラックなどの落ち着いた色のことを指します。肌なじみが良いので職場で浮いてしまうこともありません。ベーシックカラーで全体をまとめれば、それでオフィスコーデが完成します。ただし、会社によっては明るい色の洋服を着用しても良いというところもあります。そこは、オフィスの雰囲気に合わせるようにしましょう。

ニコチンリキッドは電子タバコの一種で、成分の中にニコチンが含まれているものを指します。VG(植物性グリセリン)とPG(プロピレングリコール)とニコチンだけで構成されているため、紙の商品より健康的です。